子どもとそれのできていない

育てているのである

何を大事と考えてしつけるのか、なぜそう思うのか、どちらがしつけの舵とりをするのか、どんな大人になってほしいのか……。お互いに歩み寄って、方向性を出していきましょう。
また、一つの方向性を出したら、祖父母ともよく話をしておきます。とかく祖父母は孫を甘やかしがちです。ある程度はその気持ちを尊重しながらも、譲れないことはきちんと説明してお願いをしておきましょう。
しつけには連携プレーも大事です。
めてあげることも必要です。
お父さんが厳しく注意したときには、お母さんが子どもを受け止そのとき注意したいのは、叱った人のことを悪く言わないことです。
これは理想ですが、携プレーができたらすばらしいと思います。

子どももないと思うのです

親だけではなく、祖父母や親戚など、子どもをとり巻く大人たちみんなでこの連
よい例お父さんが帰ってきました。
お父さんだわ。お帰りなさい、お疲れさま
お帰りなさい
ただいま。出迎えてくれたのか、疲れが吹き飛ぶよ
別の日。お母さんが外出先から帰ってきました。

ただいま!
あっ、お母さんだ。一緒に出迎えよう
うん。お帰りなさい
1コメントお父さんもお母さんも同じような行動をとることで、夫婦の考え方が統一されていることがよくわかります。家に帰ったとき、出迎えてくれる人がいるとうれしいものです。それはお父さんでも、お母さんでも同じです。このようなことをあたりまえのこととして子どもに見せていくと、あたたかい家庭を築こうと努力する心も育ちます。
·悪い例父
おっ、勉強しているな。よーし、子ほんと?頑張ろうつと
今度のテストで100点とったら、ごほうびに100円あげよう
数日後、100点のテスト用紙を持って、うれしそうに子どもが帰ってきました。

 

母の帰りを待つ


お母さーん、100点とったよ。100円ちょうだ!
母「よく頑張ったわね。でもね、勉強は自分のためにするものよ。お金ちょうだいなんて言わないでちょうだい」
えーっ。お父さんがくれるって言ったよ
1コメントお父さんとお母さんの言っていることが違うと、子どもは迷ってしまいます。どちらの言うことを聞けばいいのかわからなくなり、だんだん親の言うことをいいかげんに聞くようになってしまいます。さらに善悪の判断もあいまいになり、成長してからも物事のよしあしを判断できなくなってしまいます。
子どもがある程度、自分で判断できるようになるまでは、しつけの方向性を一致させておきましょう。
今何をしつけるべきか
タイミングが肝心ですへきがんろくそったくどうじ中国の古書碧巌録に教育の本質をついた啐啄同時という言葉がありますは、卵からひながかえるとき、内側から殻をつついて出てこようとすることをいい、は親鳥がひなの動きを見て、卵の外側から殻をつつくことをいいます。
教育改革をやるという意気込みがありまして

母さんも必ず通ってきた道のはずです。

啄が早いと早産になり、遅いと死産になってしまいます。置啄とが同じタイミングで行われたとき、初めて生命が誕生します。
この関係は教育における子どもと親、そして子どもと教師の関係にもあてはまります。
は子どもの内面的な運動を意味し、は親の側からの働きかけ、つまり指導性にあたるのです。
この二つが相応じて行われたときに、しつけも成功するといえるのです。そのためには、子どもの内なる力がどのようなものであるか、親や教師は見きわめなくてはなりません。
どの段階にいるか見きわめるときに必要なのは、を知ることです子どもの発達過程を把握することと、わが子が今、子どもの発達過程を大まかにあげてみましたので、発達に合ったしつけをしていきましょう。

子どもに対する励ましが大事だと思う。

幼児期、小学校低学年の発達過程
自己中心性が強い相手の立場に立って物事を考えることがまだむずかしいため、興味本位で行動したり、付和雷同したりする子どもが多く見られます。
●他律的な価値判断をする行動の価値を判断する能力が十分ではありません。親や教師の権威を絶対的なものとして、認や否認をしてあげないと、なかなか判断の基準がつけられません。
●善悪の判断が十分にできない大人が是善の意識や観念の発達はまだ不十分で、点はよく気づくという特徴があります·集団としての意識が未発達主観的·感情的傾向が強く見られます。
他人の悪いことや欠集団生活を円滑に行う能力が不十分です。
破ったりすることがあります。
お互いに自己主張して、争い事が多くなったり、規則を

この時期の子どものしつけのポイント

基本的行動様式を身につけましょう

人間が人間として人間らしく生きるためには、基本的行動様式を身につけさせることが必要です。

子供がいるからできません

しつけてしまうのは逆効果です。かりと身につけさせていきましょう。

集団の一員として望ましい行動の仕方や態度を身につけましょう

そのことを理解させ、しっ他人の存在を意識させることによって、他人の人格を尊重する態度を育てます。
親が行動の手本を示したり、子どもの行動をほめたり叱ったりします。
このことを通して、行動の価値を判断する能力も身につけます-小学校中学年·高学年の発達過程ひとり立ちをし始める自我意識の芽生えとともに、他人の干渉を嫌い、親が勉強しなさい
人から言われてやることをと言うと、反抗的になります。


しつけてしまうのは逆効果です。 子供たちは実に健康である。 子供たちは実に健康である。