子どもと一緒に。

子どもなりに一生懸命考えていずれにして

子どももがまんする

と言うのではなく、ママはすごく心配したのよと、自分の気持ちを語るようにIメッセージを伝えて、子どもの気持ちをしっかり受け止めている姿勢を示していくことが必要です。
アイアイここがポイント!
-メッセージで、理解しやすい叱り方をしましょう上から押さえつけた叱り方をして、その後に放置するのでは、子どもはまた同じことを繰り返してしまいますそうならないためにも、子ども自身のいけなかった部分を叱ったあとに、ママはこう思うんだけどあなたはどう思う?
子どもに礼儀

成長ホルモンも分泌させる。

という1メッセージで、子どもの進む方向をわかりやすく示してあげましょう。
親が勝手に解決するのではなく、子どもにきちんと当事者意識を持たせた上で、今後の行動を修正しアイてあげることが大切です
寂しそうにしているとき親が外出先から帰宅したとき、ひとりで留守番をしていた子どもが、しげな横顔をしているのを見てしまいました。さあ、どうしますか?
何か考え込むように、ふっと寂こんなこと言ってませんか?

あら、どうしたの?
.。....別に

何かあったんでしょ?
子「うるさいなあ!もう、NGダイアログxいじめられたの?

 

母さんだけはわかってくれているんだと安心します。

子どもも命の尊さを理解します。放つといてよ」
ねえ、話しなさいよ!
ゃつばやさあ一大事!
と、矢継ぎ早に子どもを質問ぜめにしていませんか?
小さなことも大問題に仕立ててしまうのは、親の悪いクセです。
特に男の子は、母親に対して格好をつけたがるものですから、あれこれ細かいことを聞かれるのではあわ本当に何かがあったとしても、慌てまくる親を見るとないかと察知すると、逆に強がってしまいます。
ますます言えない……、と思ってしまうのです。
何気ない会話のどこかで、ポロッと話せるきっかけを与えるほうが、素直に反応してくれるはずです。
こんなふうに言ってみましょう!

ちょっと元気ないように見えるけど?
.。....別に

子どもの幸福なんてわかりません…

父親がただただ真面目で妻「そう、もしお母さんで役に立つことがあったらいつでも言ってみてね」
0何かヒントのようなものが出てきたら、そこではじめて普段通りのコミュニケーションの中で、「へー、そんなことがあったんだ。
いてあげましょう。
よかったらもう少し詳しく教えてよ」
など、とにかく本人の弁を聞親はすぐ提案をしたがりますが、それは余計なお世話です。
じゃあ、こうすれば?ママが言ってあげるわ!は、最悪のケースなのです。
ここがポイント!
あえて気づかないフリも、愛情のひとつだと理解しましょう過干渉してしまっては、ますます口を閉ざしてしまうのが子どもです。
子どもが元気がないときこそ、いつも通りにして、少し様子を見ましょう。
そして、こうしなさい
それからゆっどうしたいの?
と、まず聞く姿勢を見せ、命令ではなくそれで、どうしたの?
くり優しく話していくようにしましょう。
ひとりで長時間過ごしていたとき仕事が忙しかったり、用事が立て込んでいて、長時間ひとりで過ごさなければならなかった子どもから、何やってたの?

母さんはジャーナリストとして有能だ


と言われてしまったことはありませんか?それは、ピークに達した寂しさのかたまりのようなひとことなのです。
こんなこと言ってませんか?
親!
親2親3NGダイアログx
ママだって忙しいのよ!あれやって、これもやらなきゃいけなくて……「お友だちの00ちゃんは何時間もひとりでお留守番できるんだってね」
たかが二三時間ぐらいひとりでいられないなんて、情けないわね
あれやって、これもやらなきゃいけなくて……
より用事のほうが大事なんだと受けとれますという何気ないひとことも、子どもには、
ストレスレベルが高くなっている子どもの孤独感を、まず癒してあげることが先決と考えましょう。
しつけはいつから始めたらいいのでしょう

父親であれる

学校に出かけづらそうこんなふうに言ってみましょう!
親-親2親3親4

つまんなかったんだ、寂しかったんだね受け止めるおかげでママも助かったわ役に立った実感を与えるありがとうSごめんね、よりも先に言いたいひとこと何をしていたの?Sひとりの時間について掘り下げて聞いてあげるママにはママの用事があるんだからと、理屈や親の都合を引き合いに出すのはやめましょう。
助かったよおかげで用事がいっぱいできたよありがとうと、役に立ってくれたことへの感謝の気持ちを伝えるひとことは、子どもの孤独な気持ちを喜びに変える魔法のセリフ!