子どもに礼儀

いじめ問題について万人が芯まで理解できる解説

ダメだった、落ちちやった!
「え?そうなの?最近ちゃんと練習してたの?
ちょっとがんばりが足りなかったんじゃない親でも、別に級なんかとらなくていいわよ、学校じゃないんだから。
無理する必要ないんだからね」
むざん子どもは毎日がチャレンジの連続だから、水泳の進級テストに失敗した、になった、自転車に乗れなかった……、失敗の状況も様々です。
お菓子作りで無惨な結果これから生きていく中で、まだまだ壁にぶちあたってしまうことは山ほど起こります。それをいちいち、親がカバーしていては、子どもは成長したくてもできなくなってしまいます。親自身が子どもの伸びる芽を摘んでしまうことはやめましょう。しつけになって

子どもですからこちらも試行錯誤です。

学校に責任転嫁しない挑戦することも、失敗することも、立派な子ども自身の権利なのです
◎こんなふうに言ってみましょう!

今日の水泳教室の進級テスト、親子どうだった?

ダメだった、落ちちやった!

そうか、親子自分ではどうだったのかな?
まだあんまり息つぎがうまくないから、十mぐらい手前で立つうん、がんばったんだけど、ちゃったんだ
あと十mというところまで泳げたんだもんね。
子どもと同じ目線で楽しんだ時間

子供たちの食事の世話にばかり気を取

子どもたちは少し急な崖
何かママにできることあるかなぁ?

そうか、惜しかったね。
でも、すごいがんばってきたよねぇ。
子親
もう一回受けてもいいかな?
よし!思いっきりやってごらん
これまでのがんばりはしっかりほめてあげる。
そして、進級テストには落ちたけれど、チャレンジへと導く聞き方をしていくことが大切です。
できることある?はサポートを申し出ることであって、りませんので、気をつけましょう。
子どもを再決して親がすべてをやってしまうことではあてつここがポイント!
失敗する権利
を奪わずに、サポート役に徹しましょう子どもが自らの足で歩んでいくために、親は子どもの失敗する権利を奪ってはいけません。失敗から学ぶことは、成功したときのそれよりも大きく深いものです。何かにチャレンジをして失敗したときこそ、子どもが伸びるチャンスなのです。

子どもを癒し心を育てる

聞く技術
癒し
は大人だけのものじゃないいまや癒し系という言葉もすっかり定着し、疲れた現代人の心のオアシスとして癒しが求められています。

母親は女だからどっちが好き?

経験させましょう
大人は疲れる大人はいろいろ大変だからと、癒しはまるで大人だけに必要なもののように思っていないでしょうか。
しかし、幼稚園や学校が終わっても、塾やおけいこ事を掛け持ちし、家ではテレビも見たいし、ゲムもしたいのに、寝る瞬間まで分刻みの予定を抱えている現代の子どもたち。そんな子どもたちこそ傷ついたり疲れたりしているということに、大人は気づいていないのではないでしょうか?
無言の訴えを心にたくさん抱えている子どもたちにこそ、心を休め、活力を養うための癒しが必要です。たしかに、子どもたちとゆっくり向き合うのは、なかなか難しいことでしょう。しかし、時間をかけなくてもいますぐできることはたくさんあるのです。
必要なのは、無理矢理な対話ではありません。

子どもはくすぐられると人

学習の新陳代謝である。
子どもの疲れた心をほぐしてあげる持つこと-それは聞くことからはじまると覚えておきましょう。
癒しの時間

空を見ているとき最近、意識して空を見上げたことはありますか?それも、子どもと一緒に。
魚や羊、いろんな形に見える雲が大好きな子どもたち。自然と触れ合って伸びやかに育ってほしいものです。
子どもと一緒に、いろんな形に見える雲についての会話なんて、あなたにはできますか?
こんなこと言ってませんか?
NGダイアログx子
お母さん、あの雲!
何に見える?
私はねえ……親ああ、あれね。
せきらんうん積乱雲っていってね

こんなこと言ってませんか?
NGダイアログx
あの雲、何だかすっごくモクモクしているね、シラけた感じでああ、そうねー
子面白い!
親このように、せっかくの対話のチャンスを壊してしまうのはいつも親のほうです。

積乱雲って、学校で習ったでしょ?
何か知っていることを教えようとするのが子どもへの教育だと思っているのは、です。
大人の大きな勘違いなまた、ふとシラけた反応をしてしまうだけで、子どもの元気は萎えていきます。

成長すると手はかからなくなります

す癒されるどころか、世界ってつまらない場所なんだなあ
と刷り込んでいるようなものです。
ゆとりが作りにくいからこそ、そのぽっかりとあいた瞬間に、子どもと同じ気持ちになってつき合うことが、子どもだけではなく親にとっても心の癒しになることに気づいてください。
ほんの数分でも一緒に風の音を聞いて、自然を味わう時間を持ちたいものです。
こんなふうに言ってみましょう!
親子

あの雲!

何に見える?
羊さんの親子かなぁ
羊さんの親子かぁ、親じゃあ親子で何を話していると思う?
あのねえ、一緒にいられて楽しいなあって
0こんなふうに言ってみましょう!
親子親子親子
あの雲!

あの雲、
ほんと、
うん、
そしたらどんな気分?


子どもと同じ目線で楽しんだ時間 子供に言えば責任が果たせるのではなくて本当に自分 子どもに礼儀