子どものころに養ってい

母さんと思う必要はないですよ。

お世話になっている人に感謝しましょう

最近の若者は人への咸謝の気持ちが足りないという人がいます。何かしてあげても知らん顔だというのです。たしかにそういう人もいるかもしれません。しかし、気持ちが足りないというよりも、感謝の気持ちを表現できない人が多いのではないでしょうか咸謝の気持ちは言葉で表わさなければ相手に通じません。ありがとうございますとても助かりました。そんな言葉一つであたたかな交流が生まれます。感謝の気持ちを言葉で表わせば、相手も同じように言葉で返してくれるはずです。これは親子の間にも必要なことです。感謝の気持ちは、言葉で表わしましょう。

お父さん、お母さんを大切にしましょう

子どもに対する深い思いを子どもに伝えましょうと話したら、そんなことを子どもにいちいち言えないと言い返されたことがあります。

先生のおっしゃ

でも残念ですが、言わなければ伝わらないこともあるのです。特に親が子を思う気持ちは、子どもには案外伝わっていないものなのです。
お父さんやお母さんが自分のことを見てくれている、一生懸命考えてくれているということがわかれば、子どもは親を大切にするようになります。
時間を与えて見守るゆとりが
あと片づけのできる子どもを育てますあと片づけは代表的なしつけの一つですが、小学生になってもこれができない子どもがおおぜいいます。まず、使ったものをきちんと片づけることがどんなにすばらしいことなのかを考えてみましょう。

自分の身の回りがいつも片づいていると、気持ちよく過ごせます。

次に使うときにどこにあるかがわかって、仕事をスムーズに進められます。

自分ばかりでなく、周りの人にも何がどこにあるかがわかって便利です。

 

母さんもありましょう。

あたりまえのことのように聞こえるかもしれませんが、すし、情報の処理能力に通じる大切なことなのですこれは社会生活を営むうえで不可欠なことで片づけのできない子ども、苦手な子どもに理由を聞くと、めんどうくさい
どうせまた使うんだから、いいでしょ
自分がやらなくたって、だれかがやってくれる
たいていの子どもからなどという答えが返ってきます。
子どもは親から離れて生活する時間が長くなります。

指導をする

自分のものを片づけない子どもは、公共のものを使ったあとも片づけません。
ランドセルや机の中に、いつもプリントや紙くずがゴチャゴチャと入っています。そのくせ、きれいに並んだスリッパと並べられていないスリッパがあれば、きれいに並んだスリッパを使いたがります。
片づけのしつけは、小学校に入ってからでは遅いのです。
ですが、時間がかかります。
もちろんそれからでもしないよりはいいの小さいころから年齢に応じて、片づけることや、あと始末をすることをきちんと教えていきましょう。
幼児期の子どもはなんでも親のまねをします。まずは親が見本を見せていくことです。まねをして片づけるようになったら、今度は励ましたり、ほめたりしながら、どんどんやらせます片づけやすいように環境をととのえてあげることと、このときに大切なのは、ないことです。

経験をしています。

横から手を出したりしある幼稚園の4歳児の教室でこんな光景を目にしました登園するとみんなで由遊びの時間ですおはよぅございます
と元気な声であいさつをします。
そのあとはしばらく自子どもたちはその日によって遊ぶ友だちも違いますし、遊ぶ内容も違います。部屋の真ん中ではボリングごっこをしている子どもたちがいます。その周りを電車ごっこをしている子どもがいます。部屋の隅っこではかわいいお茶碗をいくつも並べておままごとをしている子どもたちがいます。
先生が、どのくらい時間がたったでしょうか、言いましたそろそろ終わりにします。
お片づけをしましょう

と幼稚園の子どもがどのくらい片づけられるかな、と興味深く見ていると、ボーリングや電車は大きな段ボール箱に入れ、部屋の隅にきちんと並べています。

子供さえいなければ

大学に行ってるおままごとの食器は戸棚へ、りんごやみかんなどの道具は小さめの段ボール箱へ、種類別にして片づけています。みんなでやると早いものです。あっという間に部屋が片づきました。
すると今度は先生が、犬さんになってパトロールしましょうと言いました全員が床をはうようにしてごみ拾いをしています。それが終わると、子どもたちは順番にいすを出して座ったのです。
片づけが始まって10分ほどのことでした。


大学に行ってる 子供の意識調査の結果 大学に行ってる