子どもの幸福なんてわかりません…

母親は自分の生ではなく

母さんも努力を惜しまず

早くしなさいよ
子親子親そもそも大人と子どもは動くペースが違うのですすべてを大人のペースで進行しようとすると、それだけで子どもはせ急かされている!
という印象を持ってしまいます。
その後の予定があるからと、入浴する本来の目的はもちろん体を清潔にすることですが、を済ませることばかり促すのがよいとはいえません。
さっさと用うながほんの数分の子どもの遊びや動きに、同じ意識の高さでつき合うことを忘れないでほしいものです。
0こんなふうに言ってみましょう!

ねえねえ、この泡、何に見える?

あ、ソフトクリームだね。上手にできたね!
じゃ今度は一緒に作ろうよ

いいよ!その後十数えて上がろうね!
はSI!
子どももあるでしょう。

いじめているのを注意することができにくくなって


子親子親子湯舟に身を沈めると、なんだか幸せな気分になってふぅっと大きく息をつきたくなるのは、誰もが同じ。そう、ゆっくりお風呂に入ること自体も癒しであり、そんな心の落ち着いた時間こそ、コミュニケーションには最高のタイミングです。
子どもがお風呂場で遊びに誘ってくるのは、「自分に共鳴してくれることで、受け止めてもらえた喜びを味わいたい」というサインでもあります。そこに気づくことで、子どもはさらに癒され、穏やかな心を育んでいきます。
ここがポイント!
うまくいっている親子は動作リズムが同じと認識しましょう打ち解けている者同士は、なんとなく動きやリズムが同じになってくるものです。これは波長が合っているからで、だからこそ一緒にいても違和感なく、心地よく感じられるのです。

 

母を失ってしまったような気がしています。

小学校に入ってからもとくによくできる子として親子間でもそれをうまく利用し、シャボン玉を作ったり、洗うリズムを合わせるなど、子どもの動きを真似る動作ミラリングをしてみましょう。
まね子どもは受け止めてもらえた、わかってもらえた、れだけで、十分癒されるものなのです。
自分と同じ波長になってくれたと感じられ、そ
しかし、親が子どもの頃はこうだったと言うだけでは時代が違うんだよと思われかねません。
あくまで親の経験をヒントとして与え、この情報があなたにも役立つといいんだけどという姿勢を忘れないようにしましょう。
また、思春期を迎える時期の子には、子ども自身の幼い頃の写真を見せるのもいいでしょう。この頃、どんなコだったか覚えてる?と言いながら、これだけ成長したんだということを見せてあげることで、子どもは自信と癒しを与えられるのです。
好きな異性ができたとき子どもの好きは、大人のそれとはまったく違うものです。
あのコはかわいくて、この子は格好よくてと、ひとりに決められないほど好きな子がいっぱいいたり、眺めているだけでわくわくしたり……あなたにも覚えがありませんか?
小さなかわいい想いを認められる余裕が欲しいものです。
こんなこと言ってませんか?
子どもが小さいときには多少おかしな言葉になって

子供に張合いを失なわせる。子どもの友だちが遊びにきたとき、NGダイアログxみんなの好きな子の話題で盛り上がっていたのを耳にした親はむしょう無性に気になって、つい余計な口を挟んでしまうのです。
親-親2親3
どこの子?どんな子なの?

まだそんな話は早いでしょ!

バカな話してないで、みんなで集まったら宿題でもすれば?

あの子ってあんまり成績よくないんじゃないの?
その子のお母さんって、親5いつも愛想のない人でしょ
幼稚園や小学生の子どもに対しても、に、わっちゃダメ
まるで異性に興味を持つことはいけないことだとでも言いたげああいう子が将来大物になるとか
勉強のできない子とはかかじんもん警察の尋問のように聞いたり、などと、大人の勝手で批評したり、無責任なことを言っていませんか?
ましてや、その子の親や兄弟の非難などもってのほかです子どもの無邪気さを踏みにじってしまいます。
こんなふうに言ってみましょう!
明らかに好きな子のことだなと察したら、まず気持ちを聞いてあげましょう。

今日ね、00くんと運動会の練習ではじめて隣になったの親「へー、そうなんだ。どんな気持ちだった?ドキドキ?うれしかった?」
0ここがポイント!

先生のところへ行かなくなってしまった。


親がクラスメイトのようになって話してみましょうまるでクラスメイトのように、間違っても芸能レポーターのようにズカズカと心の中に踏み込んでいくのはダメ。
されまいと、子どもは口をつぐんでしまいます。
親がよいインタビュアーになり話を聞きましょう。
そうはいっても純粋な気持ちを荒ら
だって病
になったとき子どもは、前ぶれもなく、突然反抗したり不満を言い続けることがあります。
そして、必ずといっていいほどだってを多用して対抗してきます。
そんなだって病のときは、親が理屈で説得しても、脅してもムダなのです。
おどこんなこと言ってませんか?
子どもの幸福なんてわかりません…

中学校でした。

母さんは多かれ少NGダイアログx早く歯を磨いて寝なさい

だって、朝磨いたからもういいの
さっきデザート食べたでしょ?虫歯になるわよ!

だって、この間の学校の検査で虫歯なんてなかったもん!
だって、じゃないでしょ!もう勝手にしなさい!
親子親子親理詰めの説得や、それによって悪いことが起きるという脅しは、悪循環は解消できません。
むしろ心理的な反発を誘ってしまい、また、ります。
子どもが意固地になるのは、ただ、もっとこっちを見てほしいという心理の裏返しの場合があそこでだって、じゃないでしょ!
と突き放してしまうと、子どもは折れるタイミングを逃してしまいます何か違う方法を提案するなど、気分を変えるきっかけを与えましょう。