子どももあるでしょう。

小学校三年生のときでした。

子どもでも理解しやすいものです

また、スポーツなどで一緒に体を動かすと、聞く技術を使わなくても自然に言葉が口をついて出るはずです。汗をかいたあとのジュースって美味しいね今日の夕飯、何かな?など、いっぱいしゃべらなくても不思議と十分にわかり合えたりするものです。
あるお母さんは、夜、仕事から帰ってきてから毎日五分ほど、子どもと部屋の中でビーチボールの投げ合いをするそうです。すると、親と無邪気な楽しい遊びをした子どもは満たされた気持ちになるのかとても協力的な態度に変わると話していました。これが体を動かす効果なのですここがポイント--声を出して本を読むことをすすめましょう心の中にいっぱい溜まっているものを、声というエネルギーで外に出して発散させてあげる1つまり声を出すという行為には、スポーツと同じように癒しの効果があるのです。中でも、子ども自身による本の音読は効果的だと注目されています。
親が読み聞かせるだけでなく、ときにはお母さんにこの本を読んで聞かせて!
さい。それは、親自身にとっても驚くほどの癒しになるでしょう。
子供にも切らせません

子どもにストレスを与えなさすぎる

と言ってみてくだ
転んで泣いたとき子どもは遊びに出掛けるうれしさに気をとられ、なって転んだりすることはしょっちゅうです。
あわてて足がもつれてしまったり、遊びに夢中にそんなとき、ついまたか!
と思ってしまい、厳しい口調になっていませんか?
xこんなこと言ってませんか?NGダイアログ子痛いようえん!泣きじゃくる
痛くない!泣かない!男の子でしょ!
泣きながら何かを訴える子どもに、親が否定的な対応をするのをよく見かけます。
強い子になれ!
という意図からかもしれませんが、これではまったく逆効果また、特に男の子に対してよく言いがちな男の子でしょ!

 

中学生の集団が五

父親に異性としての魅力があるかどう泣かないの!というのもダメ。泣くことはよくないと教えるようなもので、場合によっては、大人になっても感情を表に出せない人間になってしまう恐れすらあるのです。
そのくらい深いメッセージであることを覚えておきましょう。
こんなこと言ってませんか?NGダイアログ子
転んじゃったよS、痛いよぉ!

何してるのよ!ほら、大丈夫なの?
どういう状態が大丈夫なのか、子どもにはよくわかりません。大人がつい口にする
大丈夫?
という問いかけは、漠然とした大きな質問
ビッグ·クエスチョンで、子どもにボクの痛みがわからないの!と思わせてしまうだけで、よい聞き方とは言えないのです。
ばくぜん
◎こんなふうに言ってみましょう!

痛いよS、うえん!
そうか、痛かったんだねぇ
子親まずは、子どもの訴えに同調しましょう。
子どものこだわりのできた問題

子育てに一生懸命であるほどこれは決して甘やかしている行為ではなく、わかりきっていても、あえて子どもの言うことを復唱リピートすることで、受け入れてあげる姿勢を示すのですその後、痛い場所や背中をさすったりタッチング、おまじないたとえば痛いの痛いの飛んでいけなどで、わかってほしいという子どもの心を確認し、ほぐしてあげましょう。すると、受け入れられたと感じた子どもは、結果的に早く泣き止むのです。
こんなふうに言ってみましょう!
痛いよぉ!
0
転んじゃったよS、
そうか、子親痛かったねえどこが痛い?
ジンジンする?
どうしたの?
方に困ってしまうものなのです。
実は、という聞き方だけでは、子どもにとってはビッグ·クエスチョンになり、答えさ原因を確認するように指を挟んだの?転んだの?や、お医者さんが聞くようにキリキリ?
ジンジン?

母ちゃんはいややな。


などヒントを与えながら、どう痛いのかを細かく聞いてあげることが大切です。すると子どもは何度も自分を受け入れてくれていると感じ、安心感を覚えるのです。
ここがポイント!
泣くのは注目して!
の信号です。
受け止めてあげましょう子どもが転んだりして泣くのは、本当に痛くてたまらないという他に、痛がるボクを見て!
という
一種の愛情確認の行動である場合があります。
これを無視していては、いつまでも泣き止むはずがありません。
たしかに忙しいときに泣かれると、はいはい、わかったわかった
のようにサラッと流してしまいたくなりますが、ここが肝心です。
症状や状況を適切に聞いて、きちんと受け止めてあげることが癒しになるのです。
ちょろちょろしてたらまた転ぶよ!では、脅しているだけで子どもに理解させるには至りません。今後また同じことにならないようにと教えるのなら、他のとこ見てたの?石があったの?
子どもと一緒に。

子どもの生活を守ってくれるはず。

子どもを望むかについてなど、ヒントを与えながら原因を一緒に探り、こういう状況だからこうなったんだとわからせていくように気をつけましょう。
イライラしているときなんだかわからないけどイライラして、つい人にあたってしまうことは大人にもあるはずです。大人同士では冷静に対処する人も、親の立場になると、子どもがイライラをぶつけてきた途端、なぜか許せない!という態度をとってしまうのです。
こんなこと言ってませんか?

もう、ほっといてよ!
親-
責め口調で何をそんなにイライラしてるの親2
親にむかってその言い方は何!
NGダイアログxじゆうじゅん親の言う通りにしないなんてダメ
子どもはいつも従順でなければ。そんな親のエゴがこのような言葉につながっているのです。子どもは自分の心の状態を把握できずにイライラしているのに、それを否定されては心の行き場がなくなってしまいます。
はあく
◎こんなふうに言ってみましょう!