子供が小さいときからきちん

育児の専門家

子どもは親の甘さをすぐに見抜きます。
愛情をお金で示し続ける感覚は、子どもに深い絶望感をいだかせてしまいますこわいもののたとえとして、昔は地震、雷、火事、親父といわれていました。しかし、今は友だち親子などといわれるように、お父さんは子どもたちにとってこわい存在ではなくなっていますそれが悪いとはいいませんが、ここぞというときには、本気で子どもを叱ることは必要なことです。
母さんは毎朝

本気で叱られたことで、そのことがいかにいけないことなのか気づくこともあるのですから。
よい例お母さんのお財布から、子どもが小銭を抜きとってしまいました。
親「人のものを盗むのはいけないことだって知っているよね。お母さんのお財布からだって同じことよいけないと思うことは絶対にしてはだめ。お金が必要ならきちんと説明をして頼みなさい。今度からは絶対にしてはいけませんよ」
はい。もう絶対にしません
コメント全く悪いことをしないで大きくなる子どもはいません。ある程度、善悪の判断がつく年になっても子どもは自分の気持ちをコントロールできず、いけないことをしてしまうこともあるのです。

母さんの態度に対して

  • 母親出身地
  • 子供にするつもりです
  • 先生たちはなお沈黙をつづけていた。


子供から軽く見られている証拠なのです


子どもが多いのです。

でも、そのときがチャンスです。子どもときちんと向き合い、人間としてしてはいけないこと、人間としての生き方をしつけていきましょう。毅然とした態度で話し、本人が本当に反省できるまで時間をかけて話をしましょう悪い例お母さんのお財布から、子どもが小銭を抜きとってしまいました。
そんなことをしたら、おまわりさんに連れていかれるよ
おまわりさん見てないもん。お母さんが言わなければ大丈夫だよ
親子コメント子どもがいけないことをしたときに、おまわりさんに連れていかれるわよとか、学校の先生に叱られるよなどと、他人を頼りにするような叱り方をしてはいけません。
母さんはもう少し長期的な視野

母さんも頭を抱えてい

この例のような叱り方をすると、子どもは
見つからなければいいんだと考えてしまいます。叱るときは、何がいけないのか、なぜお母さんが叱っているのかをストレートに話しましょう。
人に手伝ってもらうことは
恥ずかしいことではありません核家族化が進んでいます。家の中でいつも子どもと二人きりで過ごしていると、うまくいっているときはいいのですが、子どもが自分の思いどおりにならないと、ついイライラしてしまいます。


勉強のこととなる

父親は仕事で辛い時期

育児書を読んでも、自分の子どもにぴったりあてはまる内容は見当たらないし、仮にあったとしても、そのとおりにうまくいくものでもありません。周りに相談できるような人もいません。初めて子育てをするお母さんにとって、これほど心細いものはないのではないでしょうか。
私も初めて子育てをしているときは悩みました。育児書も何冊も読みましたが、なかなか書いてあるようにはいきません。そんなときは子育ての大先輩でもある私の母や義理の母に相談をしました。母たちの言うことにはゆとりがあり、とても安心できたことを覚えています
また、隣近所に同じ年くらいの子どもを持つ友だちができて、お互いに相談し合えたのも幸いでした。
子供の意識調査の結果


いじめつ子の家に火をつけるのがいる。

子どもが幼稚園や小学校に通うようになると、そこでもお母さん同士のつきあいが始まり、いろいろな悩みを聞いたり聞いてもらったり、励まし合うことで気が楽になりました。
本当は夫が相談に乗ってくれればいいのですが、残念なことに日本ではまだまだ
子育ては母親まかせになっているケースが多いのが現実です。もちろんこれから父親の意識を変えていくことも大切ですが、それには時間がかかります。ですから、まずは母親同士で支え合っていくことをおすすめします。