子供たちは実に健康である。

学校に入ったのだと覚悟していただきたい

4歳児でここまでできるのか……と驚き、そして感心したのを覚えています自分で使ったものを自分で片づけることは、身辺自立の第一歩です。やり方をきちんと教えて、それができるだけの十分な時間を確保してあげれば、小さいから無理だろうと思っている子どもにもできるのです。
幼児期にこれをしつけてしまえば、小学校に上がったときにあわてることはありません。
るべきことにとり組む余裕ができます。
小学校でや親が日ごろの生活の中で見本を見せましょう。使わないものはいつまでもとっておかないで捨てることです。家族だれにでもわかるように、必要なものはラベルをはってきちんと決めた場所に収納するとですあと片づけは、次の活動への心の切りかえになります。

体験であとどんどん変わりますよ。

片づけをしないでダラダラ遊んでいる子どもは、次への心の切りかえができません。いつもだらだら過ごす癖がつきます。

あと片づけのできる子どもを育てるしつけのポイント

使ったものは片づけましょう

遊び終わったらおもちゃを元の場所に戻す簡単なことですから、小さいときから子どもにやらせる習慣をつけておきましょう。最初は親も一緒になって片づけてあげればいいのです。毎日繰り返していくうちに、言葉をかけるだけで片づけられるようになり、そのうち言われなくても片づけることができるようになります

洋服を脱いだらきちんとたたみましょう

子どもたちを林間学校へ連れていくと、洋服を脱いだら脱ぎっぱなしという子どもが多いのに驚きます。

 

子供自身に親の生きる姿を通して

もちろんたたみなさいと言えば、ササッとたたむでしょう。たためないわけではありません。ただ、脱いだ服をたたむという習慣がないのですお風呂に入るときやパジャマに着がえるときは、洋服をたたもうねと声をかけるなどして、つけていきましょう。

洗面所やトイレを使ったら、きれいにして出ましょう

いうちから服をたたむ習慣を子どもはトイレから急いで出ようとするので、自分が使ったあとを見ずに出てしまうことがあります。
母親もいます。

子どもの目に映っているでしようか。

よごしたまま出てきた
ときにはめんどうでも呼び戻して、きれいにすることを教えていきましょう。小学生になったらトイレの掃除をさせるのもいいことです。また、トイレでも洗面所でも、使ったあとを見直す癖をつけておけば、何事に対しても見直す習慣がつきます。このような習慣が、うっかりミスや忘れ物をなくすことにもつながります。

こうすれ

でぎる
しつけは早ければ早いほど
効果的です親の愛情は純粋です。わが子に乳を含ませるとき、いとおしいと思わない母親はいないのではないでしょうか。母親は赤ちゃんを抱いて語りかけ、赤ちゃんは心を込めて語りかける母親の言葉に全身でこたえようとします。乳を飲んで安らかに眠り、目覚めればまた母親の姿を目で探します。

子どもはなにかしらしているのですがしない

いつも赤ちゃんの目は母親を見ています。子どもは母親の言葉や態度から、人間としての感情を学んでいくのです。
しつけはいつから始めたらいいのでしょうかという質問を受けることがありますが、しつけは生まれたときから始まっています。特に人間にとって、最も大切な愛情や感情という教育は、意識のあるなしにかかわらず、生まれた直後から始まっているのです。
三つ子の魂百までもという言葉がありますが、この言葉どおり、3歳くらいの時期に受けた愛情は子どもの人間形成に大きな影響を与えます。
まだ小さいから言ってもわからないと考えるのはまちがいです。赤ちゃんは生まれたときから母親の愛情を感じ、それをなんの迷いもなく受け入れていくのですから。
子どもは成長にしたがって自己を確立します。

育児の良さもやっぱり伝えたい

母親はもうそこで上気してカッとなるんですねえ。そうなると、しつけをしようとしてもなかなか聞こうとしません。だからこそ、きちんとしたしつけは幼いうちにしたほうが効果があるのです。
愛情教育だけではありません。道徳的なことも同じです。たとえば道路にごみが落ちていたとき、親が自然に拾ってごみ箱に捨てるような姿を見せれば、子どもも拾うようになります。反対に、親が人の悪口を言っていれば、子どもも同じように人の悪口を言うようになります子どもの周りには、親だけでなく、祖父母、友だち、先生、近所の人など、さまざまな人がいます。
けれど、やはり幼い子どもがだれよりも影響を受けるのは、毎日一緒に生活をしている親なのです。
よい例13歳の子どもの場合親「公園に行きましょう。でも、遊んだあとはちゃんときれいにして帰りましょうね。
いると、あとから来たお友だちがうれしいものね」


母親はもうそこで上気してカッとなるんですねえ。 母さんは毎朝 先生はだれか。