母親に任せてしまっていい。

母親になったからなのです。


という質問に答えてもらった結果が出ています。
よくある
と答えた父親の百分率は下の表のとおりです。
日本だけが極端に少なく、れません。
もっと意識的に子どもや家族にかかわっていってほしいものです。
ことから始めてみてはいかがでしょう。
日本の父親と子どもとのかかわりの薄さを感じずにはいら%-9%%%2-5-8仕事が忙しい、つきあいがある、それはわかります。母だという考え方のようである

子どもは欲しいものを何でも買ってもらえる。

母親がいますねしかし、お父さんは7642RT国コ1本相手を理解するこア|中|ト日まずは話を聞く子どもの話を聞く、とにつながります。きちんとかかわりを持っているお父さんなら、もがこんなことをするとは思わなかった……
妻の話を聞く。
相手の話を聞くということは、
まさか、うちの子どなどという言葉は出てこないはずです。
育児やしつけは個人プレーではできません。
さんの連係プレーが大切です一人でするには限界があります。
まずはお母さんとお父よい例
父「いい声をしているね。大人になっても趣味のある人は人生が豊かだよ。
今度一緒に聞きにいこう」
ほんと?うれしいな
合唱に興味があるのならコメントいい声をしているねというひと言は、子どもにとって単なるほめ言葉ではありません。
父親というのは損なものだ

子どもが親をほめてくれたという思い。

父親にはそれがないといってもフロムのいうよう
お父さんが自分のことを認めてくれたうれしいひと言でもあります。重そうなかばんを持っていたら、おっ、力がつしたな。宿題をやっていたら、お母さんに言われなくてもやるなんてえらいぞなどというぐあいに、ささいなことでもお父さんから声をかけていきましょう。いろいろな信号を送ることで、子どもはそれにこたえようと一生懸命になります。子どもをよく見ていれば、ちょっとした成長や変化も見えてくるはずです·悪い例話題に困って、つい勉強のことを口に出します。
たまにあった父親と子ども父おい、勉強してるか
はい
お父さんはぼくが勉強さえすればいいと思っているんだろうな、と子どもは考えます。

母様の態度が一貫していたからです。

しつけが身につけばよい子反発する
コメント子どもと二人になると何を話したらいいのかわからず、困ってしまうお父さんがいます。勉強のことはいつもお母さんから言われているのですから、子どもにしてみたらまたかということになってしまいます。さあ、会話をしようなどと力を入れず、日ごろお父さんが考えていること、気になっていること、うれしかったことなどを話せばいいのです。お父さんが子どもとの会話を楽しんでいれば、子どもも自然と自分の気持ちや最近のでき事などを話してくるはずです。日ごろはなかなか話す時間がなくても、お休みの日にこうして時間をつくるようにすれば、子どもはお父さんを理解できるようになり
よその子どもを叱るのは
信頼関係をつくってからにしましょういけないことをしている子どもがいたら、大人は注意をしましょう
意をしても素直に聞く子どもはほとんどいません。
と、よくいわれます。
しかし、注私も夕方暗くなった公園で遊んでいる子どもたちに注意をしたことがありますが、うるせー、くそばばあと言われて、ショックを受けたことがあります。そんな経験をすると、本当に注意なんてしたくなくなってしまいます。
また、若者にちょっと注意をしただけで、大けがを負った人もいます。

学習ではないのですね知らず知らずのうち

子どもの頃からテレビを通じて
こんな新聞記事を目にしました。
ある新聞記者が電車に乗っていると、あとから小さな子どもを連れた女性が乗ってきました。
ど自分の孫と同じくらいの子どもです。
と座っていたので、記者はていねいに、うですちょうふっと見ると三人がけのシルバーシートに二人の若者がドカンどちらか一人、席を譲ってあげられないかなと声をかけたそその場は何事も起こらなかったのですが、電車を降りて家に向かう途中、あとをつけてきた二人の若者に鉄の棒でなぐられ、危うく命を落としそうになったのです。
勇気があって注意をしたわけではなく、孫を持つ身として、あたりまえのことをやったにすぎない。
けっして正義漢ぶってやったわけではないと、その記者は言っていたそうです。
自分だったら、同じ記事中に、駅に降りた瞬間に刺す
そのことを暴走族に話したら、そんなまだるっこしいことはしない。

母親をあげている。

と言ったとありました。
ますますこわい話ですこのような事件を頻繁に耳にしていると、若者に注意をするのは死をも覚悟してからでなければでき
ないような気がしてきました。
言葉を持たず、暴れることでしか自己表現ができない若者。そんな若者がふえている現在、彼らに注意する代償はあまりにも大きすぎます。本音を言ってしまえば、見て見ぬふりをするのも、今という時代を生きる知恵かもしれません。
きっかけさえあれば暴れたいという若者から距離をおく。それは無責任ではなく、きわめて冷静な判断です。


父親というのは損なものだ 子どももあるでしょう。 子供にも切らせません